エネルギーはなくなる?

現代人にとって、電気は非常に大事なライフラインとなりました。

家庭の証明機器や冷蔵庫、暖房器具などはもちろん、

PCやスマートフォンなどの通信機器なども、電気は必ず必要です。

私たち日本人の生活の中で、電気がない生活は想像ができないのではないでしょうか。

ただ、電気の元となるエネルギーが有限であることは忘れがちです。

世の中の動きとして、「節電」「エコ」などが“流行っている”という感覚が多少なりともあるのではないでしょうか。

エネルギーが無くなるのは遠い未来のことで、「明日使える電気がない」なんてことは、

実際に自分に振りかかってくるという想像はつきにくいのではないでしょうか。

電気の元となるエネルギーは、「水力」「火力」「原子力」「風力」「太陽光発電」など、さまざまなものがあります。

その中でも「原子力」は、2011年3月11日の東日本大震災に福島で大きな原発事故がありましたので、「全面廃止」という運動が続けられています。

「火力」についても、石油燃料が有限であることと、CO2(二酸化炭素)の排出による温暖化問題など、以前から問題になっております。

今後注目されているのは、「水力」「風力」「太陽光発電」などの自然エネルギーです。

地球環境に元々備わっていて、尚且つ“使うとなくなる”とうものではなく、

いわゆる、最近TVでよく耳にする「再生可能エネルギー」です。

人間が利用する以上の速度で自然界から補充されるエネルギー全般を指すようで、

再生可能であること以外の明確な定義がなく、「再生可能」であればすべてを含むようです。

ということは、今ある自然エネルギー以外にもエネルギーの基となるものは無数にあり得ます。

今まで当たり前にあった生活を継続していくためには、お国に任せるだけではなく一人一人の発想の転換や新しいアイデアが必要なようです。

その中でもやはり注目すべき発電は太陽光発電ではないでしょうか。

再生可能エネルギーの中でも特筆して安定感があり、技術も進歩しています。

その他の発電と違う部分としては、誰でも自宅に取り入れる事が可能な所です。

これは従来の発電方法には見られなかった部分です。

火力や風力、原子力や水力といった発電方法は、莫大なコストが必要とされており、誰でも簡単に取り入れることは不可能とされています。

しかしながら、太陽光発電は気軽に取り入れる事が可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*